教育総研は、教育・文化や教育運動のあり方について幅広い研究を積み重ね、同時に学校現場の課題を意識しながら、今日的視点にたった政策提言を行っています。

qrcode.png
http://www.k-soken.gr.jp/
モバイルサイトにアクセス!
一般財団法人
教育文化総合研究所
〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町3-3-20
スカイワードビルディング6F
TEL.03-3230-0564
FAX.03-3222-5416
Google

WWW を検索
www.k-soken.gr.jp を検索
 
 

活動報告

 

活動報告:2005年

活動報告:2005年
1
 
第21回「映画『日本国憲法』上映とトークの夕べ」
2005-12-12

■2005年12月12日
大谷 恭子(弁護士)

 

大谷さんが「憲法と私」という題で45分ほど話し、その後、質疑。

 

大谷さんは「日本国憲法9条は海外でも高く評価されており、かつて中東に行った時もそうした声を聞いた。だから、もちろん9条は大事にしなければい けない。ただ、ずっと国内で過ごしてきた経験からすると、憲法が男女平等の原則に立っていることを評価したいと思っている。私は板橋区の十条で生まれて 育ったが、母親がなにかにつけ『男女同権』という言葉を発していたのを記憶し、それが私の憲法原点ともなっている。

 

ところで、国家を縛るものが2つある。1つは憲法である。立憲主義とは国民・市民を縛るために憲法はあるのではなく、国民・市民の基本的人権を守る ために国家を統制するものにあるという考え方である。もう1つは国際条約である。日本は日米安保条約という2国間の国際条約には忠実であるが、国連等の国 際機関で制定した条約の遵守には積極的ではない。これはきわめておかしなことだ。後者の条約もきちんと遵守するようであれば、たとえば、私が生まれ育った 板橋区十条にある朝鮮学校などで在日の子どもたちが教育を受けることを権利として保障するはずである。しかし、現実はそうなっていない。これは大きな矛盾 である。さらに、かつてのような赤裸々ではあったが、まだからっとしていた在日の人々への差別は、いまでは陰湿になり排除的になっている。これは現憲法に 照らしても大きな問題である。

 
第21回「映画『日本国憲法』上映とトークの夕べ」
2005-11-28
■2005年11月28日
山上徹二郎 映画プロデューサー
 
大田尭講演会
2005-11-23
「基本的人権に思う─教育研究者の立場から」
2005 年11月23日、日本教育会館において大田堯東京大学名誉教授の「基本的人権に思う─教育研究者の立場から」と題する講演会が開催されました。大田堯さんは、今年87歳とは思えない元気な口調で、情熱を込めて90分間にわたりユーモアーを交えた参加者と一体感のある講演をしました。講演の概要は以下のようなものです。
 
 
9条「改正」を声高に反対するだけではだめだ。全国民が勉強することが大切である。賛否両論たたかわせ、よりベターなものにする事が大切だ。憲法を名古屋城の金の鯱(しゃちほこ)に匹敵するものと考えることだ。石垣や、天守閣の上に鯱がある。いま、その石垣ががたがたになっている。石垣は違った石垣が組み合わさってできている。世の中も違った人間が集まってできている。石垣のがたがたは人間相互の無関心から来ている。人間は他者を通して自分を知るものだから他者に無関心では困るのだ。石垣を積みなおすためには、人が生まれながら持つと言われる基本的人権を考えることが必要だ。それは、生まれながら有するもの、すなわち命と同じだからだ。

命の特長には3つある。1つめは、一つひとつの生命個体はちがう。その命の違いを尊重しあう、受け入れるのは難しい事だ。ともすればこの社会は違いを差別や順位に変えてしまう。そうならないようにする羅針盤が基本的人権である。2つめは、すべての生き物は自ら変わる力を持っている。人間はつまずいたり遠回りしたりするのが特徴だ。自ら変わることを相互に信頼し、尊重しあうことが基本的人権の中にある。教育基本法前文では、すべての主権者が個性豊かな文化を創造する社会を求めており、人生は自己創造するものである。3つめは、相互にかかわって生きるということだ。人間は生まれるとすぐに文化の直撃に遭う。学習しなければ生きられない。学習権がなければ生きられないということだ。人間の学習権は生存権と同じだ。子どもの教育は教育を施すものの支配的権能ではなく、子どもの学習する権利に対応してその充足を図るものである。大人の責務だ。

違いを尊重し、自ら変わる中で他者とかかわっていく、それは生命力の発揮であり、基本的人権の尊重である。「日本の民主主義は死のうとしている。抵抗し、殺されるのではなく、安楽死しようとしている。」良心の自由を守ることを核心としながら基本的人権を守ることだ。静かなる抵抗精神が大事だ。
 
※講演は録音してありますので、後日冊子等にすることを検討しています。
 
第21回「映画『日本国憲法』上映とトークの夕べ」
2005-11-14
■2005年11月14日(月)午後6時〜
王 敏(ワン・ミン) 法政大学

映画「日本国憲法」上映会(3回連続)にゲスト・スピーカーをお迎えして講演を聞く企画の第1回でした。ゲストは王敏(ワン・ミン)さん。

82年に国費留学生として来日し、以来20数年にわたって日本で宮沢賢治の研究をメインテーマにしている女性研究者です。最新著に「日中比較・生活文化考」があり、朝日新聞にもとりあげられ、今後の活躍が楽しみな人です。

お話は、宮沢賢治の作品と出会い、作品をとおしての賢治の感性の共感とその背景をなしている日本の文化への興味を導入部に展開していました。中日関係や、中国の若い人々の日本への関心が文学作品をとおしてひろがっていることなどが話されました。

日本での生活が長いとはいえ、書体でいえば楷書体のような端正な折り目正しい語り口に、久しぶりにきれいな日本語を聞いたという感想をもちました。

思考を重ねるなかで、選びながらことばをつむいでいく営みと、そこから織り出されていく比較文化論を聞きました。

諸外国からみた日本の憲法について製作された映画「日本国憲法」を観たあとの話であったためにより一層味わい深い講演となりました。
 
第25回 今語る敗戦国日独伊三国の少女、少年の戦後
2005-10-22
■2005年10月22日 神奈川県
シンポジウム
ゲプハルト・ヒルシャー(ドイツ)
馬渕晴子(日本)
ピオ・デミリオ(イタリア)
村上義雄(司会、教育総研運営委員)

2005年10月22日(財)神奈川県教育会館にて、「今語る 敗戦国日独伊三国の少女、少年の戦後」と題して第25回教育文化フォーラムIN神奈川を開催しました。ホールには150人の参加者がシンポジストの話に聞き入っていました。

教育総研運営委員の村上義雄さんの司会によりゲプハルト・ヒルシャーさん(ドイツ)、馬渕晴子さん(日本)、ピオ・デミリオさん(イタリア)が自己の体験や思いを述べました。シンポジストのプロフィールと発言要旨は、以下のようになっています。
 
 
ゲプハルト・ヒールシャーさん
ドイツ人。ジャーナリスト。1935年、現在はロシア領になっている東プロイセンに生まれる。西ベルリン(当時)自由大学、フライブルク大学法学部卒業。元「南ドイツ新聞」極東特派員。外国報道協会会長、外国特派員協会会長。『ヤーパンの評判』などの著書がある。

●発言要旨
戦時中、連合国軍の空襲を辛うじて避けながら逃げまどう日々だった。「ドレスデン大空襲」に危うく巻き込まれるところでした。「広島・長崎」や「東京大空襲」などと並ぶあの無差別爆撃です。
私は、あるとき、日本の教科書を調べ、びっくり仰天しました。戦時中、日本が中国や朝鮮で繰り返した非人道的な行為についてほとんど書かれていない。ドイツは違います。子どもはドイツの「負の歴史」をしっかり学びます。そればかりか、ドイツ人自身の手でナチの残党を南米まで足を延ばして探し出し、裁判にかけています。自力で「戦後処理」を続けているのです。日本はどうですか、そうしていると言えますか。
 

馬渕 晴子さん
まぶち はるこ。女優。1936年生まれ。54年、日活映画「女の館」でデビュー。映画では、「大河の一滴」「ブラックジャック」「夕暮れまで」「青春の門・自立編」などに出演。テレビではNHK大河ドラマ「葵・徳川三代」、同「春日の局」、NHKテレビ小説「いちばん太鼓」などに出演。

●発言要旨
私の父も祖父も旧日本軍の高級将校。軍人一家でした。その運命が敗戦で一気に暗転しました。「お嬢様」が「戦犯の娘」になったのです。やさしい父でした。しかし、私のなかに常に葛藤がありました。日本の歴史のなかで軍人はアジアの人びとに大きな苦しみを強い、日本を暗黒に導く人間として機能しました。残念でならないが、これは事実です。
私は最近、長崎で被爆した作家、林京子さん原作の芝居「もうひとつのグラウンド・ゼロ」に出演しました。被爆女性が生者や死者と対話しながら「八月九日の長崎」と向かい合っていくのです。
私は、以前から「侵略戦争を美化する作品」には絶対に出演しないと誓っています。林さんのお芝居に出演してその気持ちがさらに強くなりました。
 
 
ピオ・デミリアさん
イタリア人。ジャーナリスト。ローマで法学と日本語を学び、来日後、テレビの国際放送協力スタッフ、イタリア文化会館広報担当官、ローマ大学講師などを歴任。2001年からイルマニフェスト紙極東特派員。『イタリア語の初歩の初歩』『日本、リーダーシップの夢』などの著書がある。

●発言要旨
ええっ、イタリアが敗戦国だって? それは違う。イタリアは敗けていない。敗けたのはファシストです。イタリア人はレジスタンスに身を投じ、ファシストと戦った。そして、勝利し、その統領のムッソリーニを裁判にかけ、処刑した。私たちは自分の力で勝利をかちとったんです。
イタリアの教科書は戦争についてあまり詳しくない。しかし、ことファシストに関しては詳細です。イタリアの青年はファシストが何をしたか、熟知している。
ジャーナリストとして日本を取材していて非常に不思議に思うのは、やはり政治という世界の奇妙な現実かな。小泉純一郎さんは変人と呼ばれますが、もし、彼が靖国神社参拝をやめ、イラクから自衛隊を撤退させ、アメリカの言いなりにならず、アジアとの関係改善に力を入れれば、歴史に名を残す人物になるでしょう。それが彼に出来るかな?
 
 
※ 詳細は『教育と文化』41号に掲載しています。
 
第15回夏季研究集会
2005-07-30
15th_kaki-01.jpg
15th_kaki-02.jpg
15th_kaki-03.jpg
 
 
15th_kaki-04.jpg
 
15th_kaki-05.jpg
 
 
■2005年7月30日-31日 鹿児島県
(1)シンポジウム
「どうしたら『学力』は伸びるのか─PISA2003の結果を受けて」
シンポジスト:長尾彰夫・福田誠治・池田賢市
司    会:桜井智恵子
(3)分科会
1教育経営システム(清原正義)
2教育課程実施状況調査(遠藤忠)
3教育における格差(森山沾一)
4教職員評価制度問題(嶺井正也)
   ※高等教育に関しては、全体会で報告

※ シンポジウムの詳しい内容は「教育と文化」42号に掲載されています。
 
高等教育研究委員会報告書
2005-06-30
高等教育研究委員会の報告書が完成しました。
 
最終報告PDFダウンロード
 
教育経営システム研究委員会報告書
2005-06-30
教育経営システム研究委員会の報告書が完成しました。
 
教育課程実施状況調査研究委員会報告書
2005-06-30
教育課程実施状況調査研究委員会の報告書が完成しました。
 
報告書PDFダウンロード
 
教職員の評価制度問題研究員会報告書
2005-06-30
教職員の評価制度問題研究委員会の報告書が完成しました。
1
<<一般財団法人 教育文化総合研究所>> 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-3-20 スカイワードビルディング6F TEL:03-3230-0564 FAX:03-3222-5416