教育総研は、教育・文化や教育運動のあり方について幅広い研究を積み重ね、同時に学校現場の課題を意識しながら、今日的視点にたった政策提言を行っています。

qrcode.png
http://www.k-soken.gr.jp/
モバイルサイトにアクセス!
一般財団法人
教育文化総合研究所
〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町3-3-20
スカイワードビルディング6F
TEL.03-3230-0564
FAX.03-3222-5416
Google

WWW を検索
www.k-soken.gr.jp を検索
 
 

活動報告

 

活動報告:2013年

活動報告:2013年
1
 
ポスト成長社会と教育のありよう~業績承認から存在承認
2013-12-20
へ~都市政策研究会の最終報告書ができました
 
都市政策研究会の最終報告書ができました。
 
う~業績承認から存在承認へ
 
教員勤務の「多忙化」解消に向けた提言
2013-11-19
教育行財政改革をすすめるための有識者会議報告書ができました。
 
7月29日 講演会「いじめ防止対策推進法」
2013-07-12
を知っていますか?~法が学校にもたらすもの~
 
2011年の大津市のいじめ事件をきっかけとして、法律による対応の動きが強まるなか、国会会期末の6月21日に「いじめ防止対策推進法」が可決・成立しました。この法律は、家庭や学校に対して、規範・道徳教育の強化、懲戒権の行使(停学・退学を含む)・出席停止措置の積極的活用などの厳罰化を求めています。
「いじめ防止対策推進法」の成立を機会として、改めていじめ問題の解決の道をさまざまな立場の人々と一緒に探っていきませんか。その第一弾として、法が学校にもたらすものを検討します。
 
講演Ⅰ いじめ防止対策推進法の問題点と学校現場の課題
                  喜多 明人(教育総研 子どもの権利検討委員会委員長、早稲田大学)

講演Ⅱ いじめ防止と子ども参加の学校づくり
                 伊藤 義明(北海道音更町立緑陽台小学校)


日時 2013年7月29日(月)18時30分~20時30分

場所 東京・連合会館
         東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅・丸の内線 淡路町駅・都営新宿線 小川町 下車B3出口

参加費 無料

主催:国民教育文化総合研究所   共催:子どもの人権連

連絡先:国民教育文化総合研究所事務局 
               tel 03-3230-0564
 
クロアチア共和国イストラ半島ウマグの保育と小学校
2013-05-29
イングランドでナニー(家庭内保育士)をしている
中西綾子さんのレポートです。
 
5月24日(金)開催
2013-04-23
第44回夜間公開講座「3・11から2年...東日本大震災と学校について考える」

 
テーマ: 「3・11から2年...東日本大震災と学校について考える」

内容:  報告 「東電福島第一原発1号機原子炉建屋撮影映像と調査」 
                                                              川内博史(前衆議院議員)

               講演 「放射能教育のあり方」
                                                              伊藤書佳(編集者・ライター)

                        「資料収集から見えてきたこと」
                                                             大森直樹(東京学芸大学教員)

日時:  5月24日(金) 18時30分~20時30分
                                  ※18時から受付

会場:  日本教育会館8階第1会議室
              千代田区一ツ橋2-6-2 日本教育会館
              tel 03(3230)4437

             ※交通機関の案内
             地下鉄 都営三田線・新宿線 神保町駅A1出口徒歩3分
                         東京メトロ半蔵門線 神保町駅A1出口徒歩3分
                         東京メトロ東西線  竹橋駅北の丸公園出口徒歩5分
                         東京メトロ東西線  九段下駅6番出口徒歩7分
JR 総武線       水道橋駅西口徒歩15分

主催:  財団法人 日本教育会館 附設教育図書館
後援:  国民教育文化総合研究所

◎入場料無料
◎申し込み不要(先着順)




講師プロフィール

大森直樹(おおもり・なおき)
1965年生まれ。東京学芸大学教育実践研究支援センター教員。著書に『子どもたちとの七万三千日』(東京学芸大学出版会)、『大震災でわかった学校の問題』(小学館)、編書に『東日本大震災と教育界』(明石書店)、論文に「『一人の人間もきりすてない学校』の条件とは」『世界』2012年6月号(岩波書店)などがある。

伊藤書佳(いとう・ふみか)
1969年生まれ。著書に、脱原発運動にかかわる子どもたちの活動と原発Q&Aをまとめた『超ウルトラ原発子ども』、共著に『子ども発 知りたい国連子どもの権利条約』(ともにジャパンマシニスト)などがある。2012年、国民教育文化総合研究所放射能プロジェクトチームに参加し、『みんなの放射能入門―原発事故の被ばくを避ける』(アドバンテージサーバー)作成に携わる。
 
編著:国民教育文化総合研究所放射能プロジェクトチーム 山口幸夫、神貴夫、國分俊樹、伊藤書佳
体裁:A5判並製80ページ オールカラー
定価:本体600円+税
発行:アドバンテージサーバー
こちらのリンクから注文できます。
 
第42回夜間公開講座報告「首都圏直下地震の発生可能性と災害軽減に向けた備え」
2013-03-10
第42回夜間公開講座報告「首都圏直下地震の発生可能性と災害軽減に向けた備え」【概要版】―教育総研ニュース臨時増刊号
教育総研ニュース臨時増刊号(2012年7月発行)
 
イタリアの中学校最新事情
2013-03-05
イタリア在住22年、2人のお子さんがミラノの中学校に在籍中の堂満葉子さんのレポートです。
 
ESD(持続可能な開発のための教育)シンポジウム報告書
2013-03-01
ESDシンポジウム報告書
「持続可能な開発のための教育の現状と可能性」
ESDシンポジウム報告書
 
2012年度 オランダ・ドイツ調査報告書
2013-02-08
2011年2月29日~3月8日にかけて行ったオランダ・ドイツ視察の報告書がまとまりました。
ワークシェアリング、脱原発、教育制度改革を大きなテーマとし、オランダのユトレヒト、ドイツのフライブルグ、シュツットガルトを訪ね、意見交換等を行ってきました。
オランダドイツ調査報告書
 
教育総研第21回夏季研究集会/教育総研設立20周年記念集会報告書
2013-02-08
「PISAから見た21世紀の教育」―PISA報告書
 PISA報告書
1
<<一般財団法人 教育文化総合研究所>> 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-3-20 スカイワードビルディング6F TEL:03-3230-0564 FAX:03-3222-5416